テクニカルorファンダメンタルズどちらが勝てる投資法なのか。

皆様!こんにちはナヲです。今日は、テクニカル分析ファンダメンタルズ分析果たしてどちらが取るべき戦略なのかを解説していきたいと思います。

まず、それぞれがどういう意味なのかについてゆるーく解説して行きます。

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは、株式や市場の値動きをチャートなどから、今後の動向を分析し、予測する手法です!ナヲが、過去の記事でチャートの読み方など記事にしていますが、あれがテクニカル分析の要素の1つと言えます。

過去のチャート分析の記事はこちらから!

ファンダメンタルズ分析とは?

ファンダメンタルズ分析とは、企業価値と向き合いながら、企業そのものを分析していく手法です。本当に投資する価値がある企業なのか?をPER・PBR・ROEなどの指標を用いて、現状の企業の株価が実質的価値とどの程度ギャップがあるのかを考えながら、投資していく手法です。

言葉だと分かりにくいですが、要は株価市場を分析するか(テクニカル分析)・企業を分析するか(ファンダメンタルズ分析)の違いですね!

続いては、それぞれのメリット・デメリットについて解説したいと思います。

両者のメリット・デメリットとは?

テクニカルファンダメンタルズ
期間短期・中期的に戦う長期的に戦う
市場影響対応しやすい 対応しにくい ×
難易度状況により)普通 ○〜△難しい ×
ナヲ的楽しさ普通 △楽しい ○

一覧表とするならば、上の様になりますかね!

テクニカル分析のデメリットとは?

基本的にナヲ自身もほとんどは、テクニカル分析で株式投資をこなうことが多いです。騰落レシオ等を使用した暴落時の逆読み投資をすることが多いので!

騰落レシオについての記事はこちら

経済不況や暴落時に株価が大きく揺れ動いた後は、タイミングさえ間違えなければ適切に収益を上げられることが多いです。

株式市場は短期的には、ある程度の予測出来ますが、1年後以降の事なんて予測する事は、非常に難しいのです。この事もテクニカル分析は、初心者向きと言える一つの要素だと言えるでしょう。

そんないい事ばかりに見えるテクニカル分析ですが、メリットばかりではありません。

チャート分析上だけで、経済市場が動いていくわけではありません。

例えば、チャート上では底打ちのチャートに見えても、経済のニュースで悪い要素が出れば、さらに下降を辿ることもあります。

柔軟な分析法だけあって、分析と違う方向性になることも大いにあります。その予測出来ない動きにも柔軟に対応していかなくてはならないのです。

ファンダメンタルズ分析のデメリットとは?

ファンダメンタルズのまず良いところは、その楽しさに言えると思います。両者ともに数値との睨めっこには、どうしてもなってしまいます。しかしながら、ファンダメンタルズでは、投資先の企業と向き合う戦い方である為、自分の投資した店舗や商品が市場に出回っていき、成長していく様子は非常に投資していて楽しいと思います。

まぁ、これはナヲの個人的な意見ですのであまり参考にしなくていいです笑

そんなことを書いている本もありますので、是非読んでみて下さいね👌

この本は、ファンダメンタルズについての基本的な知識やその魅力が、ギュッと詰め込んである素敵な一冊です。ナヲも読みましたよ!

そして、デメリット。これはなんといってもその難しさです。企業分析は数字を見れば一瞬で分かりはするのですが、そのお買い得数字通りの企業を買っても、他の投資家たちが買わなければ、その企業の株価が上がることがありません。

仮に魅力や注目が広まることで、一気に上がることもあるのですが。それがいつ、どのタイミングで来るかは誰も分からないのです。

ですが、過去にあった 3765 ガンホー・オンライン・エンターテインメントの様に夢のある投資法と言えるでしょう。下記のグラフは、パズドラが一世風靡した際に200円程度の株価が、半年でおおよそ70倍になった瞬間です笑

こういう銘柄に出会える可能性があるファンダメンタルズは、楽しいと感じますね!

そして、個人的に最もデメリットと感じることは、市場への対応が難しいということです。

企業成長に期待して投資するファンダメンタルズは、市場でどんな事が起きても、基本的にはホールドするという考え方(※時と場合によります。)ですので、昨今起きたコロナでの大暴落等に対応の仕方が非常に難しいです。

そして、その企業価値も経済の暴落による業績の悪化等で、PER・PBR等の数値的に投資すべき価値が低下することは、大いに考えられます。

その業績開示が出ている頃には、株価が駄々下がっていることもよくあることです。それゆえに、市場影響に対応が難しいと言えるでしょう。

まとめ

以上がテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の違いです。いかがだったでしょうか?基本的に、株を今からスタートする方は株式市場に柔軟に対応できるテクニカル分析をオススメしますが、やり方は人それぞれだと思います!

ファンダメンタルズだけど、テクニカル分析を取り入れるというやり方でもいいですよね!

1つ言える事は、自分にとって根拠ある投資を心がけて下さい。

なんとなくの投資は、一番自分自身の経験値にならない投資方法です。仮に損失が出ても、根拠の中で行った投資は経験値となります。

両者の分析方法は、やはり一長一短ありますので自身に合った投資方法を選んで素敵な投資家ライフを送りましょう!

では!

※この情報はあくまで、ナヲの意見です。上記を完全に実践しても損失する可能性は大いにあります。投資はあくまで、自身の判断・責任の下で行って下さい。

オススメの最新記事はこちら⬇️