まず、NISA(ニーサ)とは、少額投資非課税制度と呼ばれています。

まず皆さんは、株式投資を取引した後に利益が出た際の20.315%を税金で回収されてしまう事を、知っているでしょうか。

20.315%はかなり大きいですよね。せっかく10万円利益が出ても、税金で2万円は無くなってしまうと考えると結構ショックですよね。

そんな時NISAは、ある条件下であれば、その税金を取られずに済む個人投資家に優しい制度なのです!

実は、NISAにはいくつか種類があるので、見ていきましょう。

種類つみたてNISANISAジュニアNISA
対象年齢20歳以上20歳以上0歳〜19歳
期間20年間5年間5年間
非課税枠(年間)40万円120万円80万円
非課税枠(総額)800万円600万円400万円
投資対象一定の条件を満たす投資信託等投資信託・株・REIT投資信託・株・REIT
投資方法定期的・継続的な方法制限なし制限なし
出金いつでも可いつでも可いつでも可
運用開始できる期間2037年まで2023年まで2023年まで
最終運用可能な期間2056年末まで2027年末まで2027年末まで

どのNISAが良いのか・・・。

ジュニアNISAに当てはまる方は、少ないと思うので、今回はつみたてNISAとNISAを比較して説明したいと思います。

詳しくは後に説明しますが、

つみたてNISAは自由度は少ない分、資産リスクが少ない。

NISAは、自由度が高い分、比較的資産リスクが高まる。

と考えておけば問題ないと思います。

まず知って頂きたいのは、つみたてNISA・NISAにおける投資リスク、つまり口座を開設した人の元本を割り込む可能性があるという事は知っておいた方が良いでしょう。

お得!お得!と言っても、株で本来取られる分の税金が減るという制度なので、口座開設した人のお金を自動で増やしてくれる制度ではありませんし、元本を保証する制度でもないです。

では、つみたてNISA・NISAについて詳しく説明していきたいと思います。

つみたてNISAとは

つみたてNISAとは、上の表でNISAと比較しても分かる通り、長期期間で少額でコツコツと投資していくものです。

また、投資内容は投資信託なので、運用する人がNISA口座を開設した人のお金を使って、色々なものに投資していき、そこで生まれた利益を口座開設者に還元していくものです。

投資には、興味あるけど知識はないし、怖い…。そんなに投資に使うお金がない。

こういう考えの方には、つみたてNISAは向いているかなと思います。

NISAとは

NISAとは、基本的に普通の株式投資と変わらない面を持ってます。

純粋に年間120万円以内の運用であれば、20.315%の税金を取られずに投資を行う事ができる、今投資をやっている人も、やっていない人でも年間100万円程度の運用であれば、NISA口座を開くのがオススメです。

NISAであれば、つみたてNISAとは違い投資信託だけでなく、自分自身で銘柄を選定して投資を行うことができる為、株式投資の経験を積むことも出来るので、自分自身の成長にもつながるでしょう。

株主優待等も、一般のNISAであればもらえる銘柄も存在しますよ!

投資に回せる資金がありつつも、自身で運用するのが不安な方は投資信託でも良いかもしれませんね。

つみたてNISA・NISAの注意点!

もちろん、利点がある投資方法には注意点も存在します。

・NISA口座(つみたてNISAも含む)は、一人につき1口座のみしか開設できません。

・また、NISA ⇆ つみたてNISAの切り替えは、翌年まで行えません。

・また、年間の非課税枠(NISA:120万、つみたてNISA:40万)で購入したものは、売却して非課税枠が戻った場合でも、その枠で再購入することはできません。

複数の注意点はありますが、一番大事なのは自分に合った投資スタイルを選ぶ事です!

投資を初めてみたいけど、難しいことは分からないという方は、まずはつみたてNISAから始めてお金を運用する事を体験してみてはいかがでしょう。

今回の記事はこれで終わりです!

よかったら他の記事も読んでみてくださいね!