株の基礎「金・Gold」

皆様お久しぶりです!ナヲです!

本日は、金融商品である「金」について説明したいと思います。

皆様は金についてどの様に価格が変動するかご存知でしょうか?

まず、金のFTF商品はどの様な物があるのかを紹介します!

ETFが分からない方はこちら! 

ETF・ETNの基礎

http://www.chishikiwordblog.info/wp-admin/post.php?post=270&action=edit

1.金のETF商品にはどんな物がある?

これらの商品は、金の価格の変動に伴って株価が変化するETF商品です。1株単位から買えるものもあるので、勉強として低価格で始めてもいいかもしれないですね!

2.金の価格はどの様に変化する?

ここが一番重要であり、一番基礎として頭に入れておかなければならない所ですよね!

金の価格変動は、様々なパターンがありますので、いくつか紹介します。

パターン1:リスクオフ時に金価格が上昇

リスクオフって何!?って思った方もいると思います。

リスクオフとは、不況によって株価の暴落などが起きた際に、価格変動が激しい商品(株・FX・ビットコインetc)から安定している商品(国債・金etc)にポジションを変更する事です。

そして、金はアメリカの不況時に価格が上昇しやすいと言われています。

例えば、金融危機や戦争等の自体に陥った際に企業株は嫌われる傾向にあります。その際に金は商品としては無くなるものではないので、安定商品として価格が大きく上昇するのです。

パターン2:暴落・不況が大きいと価格が下がる

あれ、さっきと言っている事違うじゃん!

と思った方申し訳ございません。ここが金の単純ではない所です。

大まかに言えばパターン1の考えで問題ないのですが、先が予測できないほどの暴落や不況が起きると、投資家や一般家庭の人たちが、金を現金に変えようとする現象が起きるのです。

これは、コロナ不況時の2020年3月中旬の金ETFのチャートです。本来は不況になるとリスクオフとして持たれる金価格が下落していることがチャート上から分かります。

パターン3:アメリカの金利が下がると価格上昇

金利が下がると、実質的に経済が落ち込みやすいです。お金の貸す側のメリットが減る事で、経済が回りにくくなるからです。

そのため、金利が下がった際に安定資産と言われている金が価格上昇することが多いです。

金利についての基礎は、宜しければこちらの記事を読んでくださいね!

http://www.chishikiwordblog.info/wp-admin/post.php?post=319&action=edit

3.どのタイミングで金を買えば良いか

では、金はいつ買えば良いのか。と言うのがこの記事を読んでいる方は多くいるとは思います。

金の購入タイミングは、様々あると思います。

さらに、金を何で購入するのかも重要だと思います。

  • 純金積立
  • 投資信託
  • 金ETF
  • 金先物・CFD

これらの方法は、メリット・デメリットがあると思います。盗難リスク・価格変動リスク・業者の破綻リスクがあるので、自身にあった投資方法を選択することが大事です。

ナヲ的には、金ETFを購入することが一番バランスが取れていると思います。

そして、タイミングですが

金ETFで購入するのであれば、目次2で説明した、下落変動パターン時に中期のポジション(数ヶ月程度)で購入する事が、良いのではないかと思います。

今回の記事はここまでです!

見て下さってありがとうございました!

投資は自己責任ですので、この記事はあくまで参考にして色々な考え方の上で投資して下さい。